u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2015年05月

丹沢主稜の美味しいところ、ぐるっと回るハイク&ラン。
DSCN1794_R
稜線に出ると、初夏を感じる絶景トレイルが待ってました。


 続きを読む

2015年のテーマともいえるショートハイク(=スピードハイク)。
限られた時間内で歩行距離を稼ぐために荷物をシンプルにして体への負荷を減らす、というコンセプトに基づき、色々とギアも様変わりしてきました。
その甲斐もあって、個人的には確かにハイクの幅も広がったし、例えばこの前の鷹ノ巣ハイクの時のように、幕営後にラン&ハイクで別エリアまで足を延ばす、という選択肢も出来ました。

これを突き詰めていくと、おそらくその先にあるのはOMMのようないわゆるファストパッキングを主体としたハイキングスタイルになるかと思います。
デイハイクの範疇であればいいのですが、ではオーバーナイトとなった場合、現状のギアで一番ネックになるのは・・・そうですね、大きく2つ。
シュラフとテント、ですかね。

DSCN1001_R
シュラフに関しては一先ずおいておきますが、今回はオーバーナイトハイクを想定した、ファストパッキング(と言っていいのかもちょっと自信ないですけど)というかスピードハイクにおける個人的幕営装備考察、をしてみました。続きを読む

↑このページのトップヘ