u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2014年09月

上高地・徳澤園をベースにして蝶ヶ岳へ。
DSC_0393_R
大展望の思い出をしっかりと焼き付けて、青空のまま下山!です。
 続きを読む

念願の槍穂大展望台で空中散歩。
 DSC09172_R
奥穂〜大キレット〜槍ヶ岳を一望!

 続きを読む

まず、今回の御嶽山噴火の被害にあわれたハイカー、地元の方、山小屋の方にお見舞い申し上げます。
先ほどニュースで、1名のハイカーの死亡が確認されたとのこと、非常に残念です。ご冥福をお祈りするとともに、なお10名以上の方が意識不明との情報もあり、一刻も早い救助と、皆さんのご無事を祈らずにはいられません。
DSC09171_R
(9月20日 蝶ヶ岳山頂より。左奥のピラミダルなシルエットが御嶽山)

1週間前、快晴の北アルプスから遠くに、それでも堂々たる姿を青空の下に浮かび上がらせる御嶽山が見えたときは本当に興奮しました。
まだ中央アルプスを歩いた経験が無く、この紅葉シーズンには行先の候補としても上げていただけに、今回の噴火には本当に驚いています。

御嶽山が活火山であったことは意外と知らない人も多かったようです。 また、警戒レベル1という事では通常の登山が出来る状態だったこと。またこの週末は先週に引き続き快晴予報だったこともあり、足を運んだ人、また運ぶ予定だった人も多かったと思われます。
そんな中でのこの噴火、やはり自然の成す事は人間がコントロールできる事ではありません。
今日もニュースやTwitter、Youtubeにアップされた動画(撮影者の方、無事でよかったですね・・)などを見て、ただただ驚愕と、改めて自然の恐ろしさに身が震える思います。

そして、救助に当たっている自衛隊、DMAT、その他自治体の方、二次被害がに合わないよう、活動されることを祈っています。
 

上高地・徳澤園をベースにして蝶ヶ岳へ。
DSC09115_R
2日目、長い樹林帯を抜けて、青空の大展望台を目指します。
 続きを読む

上高地・徳澤園を拠点にして蝶ヶ岳へ。
DSC09042_R
1日目、徳澤園についてテントを張った後は、スーパーゆるタイムです。
 続きを読む

上高地。
山に登る人ではなくても、ちょっと特別な感じがある場所、そんな気がしませんか?
DSC09015_R
相変わらず週末の天気にはやきもきさせられていますが、何とか持ってくれそうな9月の半ば。
前回の裏銀座ハイクに引き続き、今年2回目の北アルプスハイクへ行ってきました。
1日目は上高地を基点に徳澤園でのんびり。
2日目は槍穂の展望台・蝶ヶ岳を目指します。
 続きを読む

裏銀座ハイク最終日、いよいよ双六小屋を後にして新穂高へと向かいます。
DSC08875_R

 続きを読む

憧れの鷲羽岳へ。
裏銀座を歩くハイク。
DSC_0321_R
2日目、止まぬ雨、そして暴風・・・。
 続きを読む

鷲羽岳を目指して、裏銀座を歩くハイク。
DSC_0308_R
双六小屋でテントを張り、ゆっくりと山の時間を過ごします。
 続きを読む

憧れの山・鷲羽岳を目指すハイク。
DSC_0290_R
北アルプスを代表する山々を眺めながら、いよいよ裏銀座の稜線へ!続きを読む

↑このページのトップヘ