u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2013年08月

先日のevolv Talusを購入した際、夏物を他にも一気に新調しました。
DSC_0394
続きを読む

またまた変わりました。
DSC_0417
新しい靴!

続きを読む

北八ヶ岳ハイクもいよいよ最終日、の3日目です。
DSC05194
続きを読む

北八ヶ岳ハイク2日目。
東天狗岳を後にしてオーレン小屋を目指します。
DSC05103_R
前方には大きく口を開けた硫黄岳の姿。その手前には白砂のトレイル。
続きを読む

北八ヶ岳ハイク2日目。
昨晩は19時30分には就寝し、その後も大爆睡。すっかり辺りも明るくなった朝6時にのそのそと起床です。
DSC05052
起きてみると意外にもテントの数はほとんど減っていません。
何名かのハイカーが早朝に出発する音はしていたのですが、どうやら小屋泊の人ばかりだったみたいです。続きを読む

北八ヶ岳ハイク1日目。
しらびそ小屋を後にして、中山峠へと続く緩やかなトレイルを進みます。
DSC_0277
かつてのトロッコ道は広く、フラットでとても歩き易い、気持ちの良いトレイルです。続きを読む

南八ヶ岳ハイクから中二日、お盆の休みを利用して再び山へと向かう計画を立てていました。
ちょうど一年前のこの時期は燕岳〜大天井岳〜常念岳を縦走したのですが、今年はあの燕岳から見た裏銀座、新穂高〜双六〜鷲羽の縦走を当初計画していました。
ところが、色々と事前の情報を調べていくと、どうやらお盆時期の裏銀座はかなりの混雑が予想され、かつ新穂高の駐車場も前日の夕方には入らないと埋まってしまう可能性があるとのこと・・・。
出発当日の夜まで仕事が入りそうだったため、裏銀座はちょっと厳しいかな〜と思っていた矢先。

DSC04844
その南八ヶ岳ハイクで、硫黄岳付近から見た北八ヶ岳方面。あの天狗や根石岳の稜線も気持ち良さそうだよなあ・・・。
黒百合ヒュッテは嫁さんも行って見たいといっていたし、自分はオーレン小屋にも泊まってみたかったので、まったりと歩くにはちょうど良い。という事で、急遽今年のお盆は北八ヶ岳2泊3日のんびりハイクに大決定したのでした。続きを読む

南八ヶ岳ハイク2日目、ノブタさんと別れたあと、硫黄岳山荘を目指して稜線を歩きます。
DSC_0227
右手には横岳、赤岳、阿弥陀の絶景!たまりません!続きを読む

南八ヶ岳ハイク2日目。
DSC04809
雲一つ無い空に、南八ヶ岳の稜線が徐々に浮かび上がっていきます。
続きを読む

阿弥陀岳に続いて目指すは八ヶ岳最高峰・赤岳!
DSC04757_R
その堂々たる姿に思わず圧倒されてしまいそうです。 続きを読む

↑このページのトップヘ