u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2013年01月

伊豆ヶ岳の山頂前の広場で、早めのランチ。
DSC_2643
この日はいつも使っているエバニューのアルコールストーブにちょっとあるアイテムを入れて使ってみました。
2年くらい前に隊員Tに貰ったカーボンフェルト(写真アルコールストーブの内側に入っている黒いもの)です。

エバニューのアルコールストーブはその火力の強さは非常に評価できるのですが、反面構造の問題で火力が調節できません。そしてそのため、ちょっとした調理で弱火が欲しいときなどは、鍋を遠ざけるなどする必要があるのです。
しかし、このカーボンフェルトを入れる事である程度火力を抑えた状態での使用が出来ます。

結果として、カーボンフェルトは期待通りでした。火力は体感で30%ほどダウンといった感じですが、中火でずっと燃えている感じです。この日の調理ではあまり鍋を持ち上げて苦労することもありませんでした。燃費については若干良かったかな、といった感じです(使用アルコール約30ml、燃焼時間は約10分程度)。続きを読む

五輪山を過ぎて、いよいよ伊豆ヶ岳への最後の分岐。
男坂(鎖場)と女坂への分かれ道に。さて、どっちに進もうかな、と考えようかと思う前に、嫁さんがツカツカと男坂の方へ・・・まあ、何度もここは登ってるし、今日はコンディションも良さそうなんで男坂で進みます。
DSC_2619
※伊豆ヶ岳の男坂は原則として通行を控えるよう通知されています。
登る場合は落石や滑落に十分注意し、自己責任で進むことになります。自信の無い方や、お子さん、ご年配の方は女坂を進んだ方が良いでしょう。続きを読む

いつも秩父や奥多摩の山へ向かう時よりも1時間くらい遅い、朝6時20分。
DSC_2580
地元の駅のホームで電車待ち。今日は嫁さんのリハビリ登山も兼ねて秩父の伊豆ヶ岳へ。
嫁さん、もう随分山歩いてないなあ・・なんて思っていたら、昨年のゆるふわ登山の日和田山以来だった。
年末年始を挟んでしまったし、色々と忙しくてその間は自分はソロで2回ほど・・・いや、申し訳ないとは思ってますけど(^^;
続きを読む

DSC_2579
嫁さんのリハビリ登山も兼ねて。
明日は秩父のお気に入り低山・伊豆ヶ岳へ行ってきます。
続きを読む

11時20分、長居してしまった青ヶ岳山荘をあとにして再び檜洞丸の山頂へ向かいます。
DSC_2551
ちなみにここから反対側へ向かえば、蛭ヶ岳方面へと続く丹沢主脈の縦走路。
いつかこちらも繋げてみたいと思う。アップダウン大きいから結構大変そうだけど・・・。続きを読む

展望台で軽く休憩を入れて再び出発。
DSC_2526_R
ここで今日初めてのハイカーに出会った。というか展望台の直前で先に行かせてもらった。
この方も檜洞丸は初めてで、石棚山経由で下山すると言っていた。
自分はまだ犬越路経由で考えてはいるものの、このまま雪が降ると少々厄介なことになる。なんとか止んで欲しいんだけど。。。続きを読む

丹沢山塊の山は特徴的な名称を持つものが非常に多い。
二ノ塔、三ノ塔、塔ノ岳もそうだし、蛭ヶ岳だって山の名称としてはあんまり良いイメージとは言えない。日本百名山にも選定されている丹沢山がごく平凡な名称に聞こえてしまうほどだ。
とりわけ丹沢主稜から西のエリアにはその特異な名称が目立つ。畦ヶ丸、菰釣山、そして今回登ってきた「檜洞丸」。
実は丹沢から麓に下った大井松田付近も特徴的な地名が多く、「村雨」や「庶子」など。この地名についてはかつて隊員Kに、長野県安曇野に土着した朝鮮人が移り住んだためとかなんとか聞いた記憶があるのだが、もうずいぶん昔で記憶もあやふやだ。

さて、今回2013年の登り初めとして選んだのはその特徴的な山名を持つ「檜洞丸」。
標高は1,601m、丹沢山塊では丹沢主脈に含まれる山だ。登山起点とした場所が西丹沢自然教室だったのでてっきり「西丹沢エリア」かと思っていたら正確には違うらしい。なるほどねえ。

DSC_2496_R
DSC_2497_R
という訳で、さっそく早朝6時30分、その西丹沢自然教室に到着。
さすがに朝早く出てきた、そして正月明けの土曜という事もあってまだ駐車場には一台も車は止まっていない。
ここを起点として、ツツジ新道経由で檜洞丸をめざし、そのあとは熊笹ノ峰を通り犬越路周りでループするルートだ。続きを読む

本当はこの正月休みは山へは行けないかも、と思っていたのだけど。
実家から見える快晴の丹沢、そして明日もなんとか天気は持ちそう。
という事で、嫁さんには申し訳ないのだけど、明日は2013年登り初めで、丹沢・檜洞丸へ。
DSC_2493_R
行きたい行きたいと思ってなかなか行けていなかった山。
そして今年ひそかに計画している縦走の事もあるので、下見も兼ねて。続きを読む

箱根駅伝の復路で盛り上がる正月3日目。
昨年に続いて丹沢大山へ初詣へ(実際には元旦の深夜に地元の神社に行っているんで初ではないけど)。

我が家では従来は相模一ノ宮・寒川神社へ初詣へと行くのが習わしだったのだけど、昨年から大山・阿夫利神社に来るようになってます。
理由は寒川神社より空いているから。。。それだけなのですが。
DSC_2484_R
昨年よりも人が多かった!
中には登山スタイルの人も結構いて、今年の登り初めに大山に来た人も多かった様子。
実は自分も4日の日に大山に登ろうと思っていたのです。
理由は昨年購入したここの足腰健康守
これのおかげで、昨年一年間は山で足のトラブルに悩まされることもなかったため、今年も登り初めがてらお守りを購入するつもりだったのだけど・・・。

DSC_2486_R
結局今日行ったときに買っちゃいました。
二日続けて同じ山に来るのもなあ・・・と思ったので、そうだ、せっかくだから西丹沢に行こうか!あ、でも西丹沢の地図持ってない→で、厚木のWILD-1へ行って「山と高原地図」の丹沢エリアを購入しようと思ったら、なんと在庫切れ。
地図が無い状態で初めてのエリアに行くのはちょっと不安だし、すっかり正月モードになってしまっているので明日の登り初めはお預けに。この調子だと来週の三連休になりそうですな。
それにしてもこれだけまったりした日々が続くと、いざ山に行っても登れるのか不安でなりませんw
どこかいい感じのリハビリ登山から始めないと・・・という事で、今年の山スタートはもう少しあとになりそうです(^^;

年明け1発目の物欲ネタです。
DSC_2352
昨年末の塔ノ岳〜丹沢山ハイクの際に、この冬購入したORのロングパンツ『セントリフュージパンツ』を履いていったので、そのフィールドテストでの雑感などを。

行ったのは昨年12月29日。
前日に山でも雪が降っていたものの当日は登り始めは天気は快晴。
大倉尾根に出たときは上のような展望も良好な絶好のハイク日和だったのだけど、実は尾根に出ると風が強く、体感温度は恐らく-5〜6度程度はあったように思います。実際の気温としては-2〜3度といったところでしょうか。続きを読む

↑このページのトップヘ