u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2013年01月

昨年、三鷹のSHOPハイカーズ・デポとアウトドアメーカーのfinetrackが共同でリリースした「ツェルト競蹈鵐亜廖
共同と言ってもハイカーズ・デポの別注モデルといった位置づけで、2回に分けて販売されたものの全て完売で、次回リリースがいつなのかと待ち遠しく思っていたハイカーさんも多いのではないでしょうか。
FAG0107
そんな大人気のツェルト競蹈鵐阿、2013から本家finetrackでも取り扱いが開始されるようです。
商品ページ続きを読む

昨日の記事でも書いた、BlackDiamondのReVolt。
先行するPetzlを追従するモデルとあってなかなかの意欲作だと思います。
それだけに結構スペックやら色々気になったので、ちょっとPetzlのCOREと合わせて比較をしてみました。
title
持っているわけではないので、スペック上から分かるその実力を考察してみます。
いわゆる特技の妄想ですw続きを読む

昨日の夜に抜歯の痛みが引かないのでお山はお預け、なんて言っておきながら、さすがに快晴の土日を何もしないで過ごすことも出来ず・・・
DSC_2641
と言っても動き出した時間も遅かったので山は諦めて、久々下北沢のBOZEMANへ行ってきました。続きを読む

金曜の夜に抜いた親不知の具合があまりよくなく・・今日は一日自宅でグッタリしておりました。
だいぶ痛みは引いてきたけどまだジンジンと左アゴがはれぼったい感じ。
という事で明日の山はキャンセルすることに・・・トホホ。

DSC_2629
そんな時は決まってコレですよ。
エア登山!
せっかくなので2013年の山について考えたりしてました。続きを読む

昨日22日、ラフマ・ミレーの2013SS新製品のモニター座談会に行ってきました。
image


以前、ヤマケイオンラインで告知が出ていたものに応募していたものに当たって、仕事をそそくさと終わらせてから急いで目黒へ。
それでも45分遅れでしたが‥いや、スミマセン。。続きを読む

昨年末に購入していらい、とても調子の良いOUTDOOR RESEARCHのセントリフュージパンツ
今のところ使っている場面では耐風性・防寒性・そしてベンチレーションと、自分に良くフィットしたパンツだと思ってます。
しかし、そんなセントリフュージパンツにも1つだけ欠点というか、悩ましい点が。
DSC_2615
以前も書いたのですが、ウェストを締めるドローコード。これが実はとても使いにくいです。
DSC_2617
コードの長さを調節して、クリップでとめてもそのままでは歩いているとだんだん緩んできて、ズボンが垂れ下がってしまいます。仕方ないのでクリップからかなり長めにコードを引っ張り出して、クリップの根元辺りで結んで使っていたのですが、例えばトイレに行ったりした際の締めなおしが大変でした。
という事で、ここをちょっと改造してみました。
続きを読む

先日の記事『Fast&Lightなシューズが欲しい』では予想以上のコメントを頂きありがとうございました!
色々な意見が聞けて助かりました。どれを選ぶのも一長一短だったりしますが、とても参考になりました。

で、早速皆さんからの意見を頭に叩き込んで、実物を見るためにODBOX渋谷店へ。
今日は天気も良かったので久々にチャリで渋谷まで向かう事に。
DSC_2589
DSC_2588
今日はグローブ・ジャケット・パンツが全部OUTDOOR RESEARCH。まるで販売店の回し者のようなスタイル(^^;
ちなみにセントリフュージパンツですが、やはり自転車などよりスピードが出でて、前面に風を受ける状況だととても調子がいいです。=山での強風下でも先日の塔ノ岳の際のように効果はバツグン。今冬購入したもので久々のヒットです。

DSC_2593
先日の大雪の際、多くの車が乗り捨てられていた山手通りから原宿へ抜ける坂道。
まだ北斜面にはたっぷり雪が残ってますが、さすがに放置された車はもう1台もないですね。続きを読む

2013年の2大テーマ、その一つに掲げたのが『アイテムのブラッシュアップ』。
幾つか変えたいと思っているポイントはあるのだけど、最近ちょこちょこっと調べているのが『シューズ』についてです。
名称未設定-2
低山だろうが高山だろうが、ガレ場だろうが雪道だろうが今大活躍しているのがSCARPAのクリスタロ  GTX
このシューズは熟考に熟考を重ねて購入したという事もあり、履き心地については大満足です。
どんなトレイルを歩いていてもガッチリと大地を掴むソール、足をしっかりと包み込み安心感抜群のアッパー、沢に足ボチャンしても浸水ゼロの防水性、ライトアルパインブーツとしては欠点らしい欠点は見つからない(個人的には)優等生です。続きを読む

↑このページのトップヘ