u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2012/05


と言うわけで、荷物の積み込みも完了。
これから笠取山へ向けて出発します。
雨が降ってるのは気のせいに違いない。

それにしても毎回思うけど不思議なものだ。

衣食住って、バックパック一つに入ってしまうんだもんな。

早く山頂でエクストリーム凧揚げしたいぜ!


毎年のことだけど、ゴールデンウィークやシルバーウィークの渋滞ってのは殺人的ですな。
すでに今日の夜でも下り方面で渋滞が一部あるとかって・・・。
という事で、こちらも笠取山に向けて、明日の早朝出発予定。
DSC_0525
今回の目的は、「山でテント張ってのんびり過ごす」に尽きる。
すっかりそのつもりでいたので、今日になって嫁さんが「甲武信ヶ岳も行きたいかも・・」と言い出したときはちょっとビックリした。
まあ、こういった休みはなかなか取れないので本来であれば甲武信ヶ岳のチョイスは良いと思っていたのだけど、登山リハビリ中の嫁さんにはいきなりきついかなーとか思っていたり。
それ以上に山でのんびりしたいという俺の希望が強かっただけかもしれないけど。

DSC_0522
という事で、パッキングもほとんど完了。
さすがに真冬の装備ではないので、今回も本来山には持って行かないようなモノも入ってます。

DSC_0523
こっちも準備万端。
早速使用感とか、確かめてきます。

という事で、ちょっくらこれから仮眠。
起きる頃はきっと晴れた夜空だろう・・・。

相変わらず降り続く雨で何となく眠れないのでチラ裏ネタ話でも。

自分は自他共に認めるカタログマニアだ。まぁ分野は限定的だけど。
当然アウトドア関連のカタログはエロ本よりも大好き。
そんなカタログの中でも好きなのがmacpacのカタログ。


右が2011年、左が2012年のカタログ。
このカタログ、紙質もざっくりとした和紙のような手触り。カタログとしては山と高原の地図のような開き方は本来的見やすいとは言えないのだけど、山の地図らしくしている辺り遊び心があって良いよねえ。

ちなみに右の2011年カタログは製品が写真、左の2012年カタログは手書き風イラスト。こんな辺りも暖かみのある雰囲気で凄く感じが良いと思うのだ。

こちらは2011年カタログの裏側。ザックの背負い方やサイズチャートと一緒にチェスの升目が。こんな遊び心も面白い。

2012年カタログは掲載商品が増えたせいでチェスはできなくなってしまったけど、代わりにアズテックについてのウンチクなんかがカエルや亀のイラストと一緒に書いてある。


ちなみに今気になっている中型バックパックのカカポ35。
まだ現物見たこと無いんだよね。そろそろ店頭にも出回り始めたかな。
明日はどこかに探しに出てみようか‥。

※追記※
macpacのカタログの素材、タイベックでした。

好きだという割りに細かいとこまで見てなかった(-_-;)
ご指摘ありがとうございます〜。


という、雑談でやんした。

世間では今日はGWの中日でお仕事中の方も多いと思う。
が、うちの会社は今年は変則的(らしく)で、4月30日が出勤だったため今日がお休み。
つまり2、3、4、5、6日と5連休。
これだけ休みが取れれば2泊3日くらいで山に篭ってもよさそうなもんだが、まあ、ご覧の天気ですよ。
取り合えず今日明日はグッタリして、明後日4日からのお山に全力を注ぐ!のだ。

で、所用により昨日から実家のある神奈川に戻っていたのだが、今日こっちに帰って来る前にちょっとWild-1厚木店に立ち寄り。
少し前から春〜夏山用の帽子を物色していて、本当はoutdoor researchのコレ↓
194980565940_C
が欲しかったんだけど、サイズがどうにも合わない。MはキツイしLはゆるゆる。バンドが調節出来ないのが最大の欠点か・・。ツバが折れるタイプのが欲しかったんだけどなー。サイズが合わないとなるともう仕方ない。

で、Wild-1でみてたらホグロフスのトレイル競ャップと言うのがなかなか良かったのでこちらを購入。
DSC_0504
帽子が欲しかった理由の一つに、今使っているORの帽子、ツバのカーブがきつすぎて前方視界が狭くなるという欠点があるのだ。
このため、時々山を歩いていてブッシュとかに頭をぶつけることが数回あった。まあ、しっかり前方を小まめに見れば良いんだろうケド、そもそも視野が狭くなるというのはちょっと問題だなあ、と思っていたのだ。
DSC_0509
その点、ホグロフスのトレイル競ャップはツバのカーブも緩やかで広めにできてる。かぶった時の視界への影響もほとんど無い。
という事で、これからの季節こちらの帽子にバトンタッチになりそう。
この際、ツバ折れタイプがあっさりと諦めましたよ。

続きを読む

↑このページのトップヘ