u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2012年01月

歩き始めておよそ30分ほどで、先程道路から見えていた金比羅神社に到着。


朝早いのでまだ人もほとんどいない。ほぼ貸し切り状態だ。
そしてこの展望!


写真には写ってるか微妙だけど、奥多摩の山の向こうには富士山、そして東側にはスカイツリーもばっちり見えてます。

そいでわ、今回の山行の目的の1つ、お山カフェタイム!


オーダーはモカブレンドにルイボスオレンジティー。


冬晴れの展望を眺めながらの茶はサイコーですわ。

年末辺りから、良く晴れた日に日和田山の鳥居の下で秩父の街並みを眺めなからまったりお茶したかったんだよな。
人も少ないし静かだし、眺めは良いし気持ちいいねぇ〜。


ふるさとの森を登り、抜けたその先には日和田山へと続く登山道の分岐点。この鳥居の先で男坂と女坂で分かれるのだ。

もちろん進むは男坂。

分岐から進むと少し下り、水場のある沢を超えて登りが始まる。ここから金比羅神社の鳥居までは一気に標高を稼ぐ登りだ。

この登りがなかなかに面白い。さして長い距離ではないから言えることだけど、それでも岩場好きにはたまらないルートだ。


さすがに二回目とあって嫁さんの足取りも軽い。岩場にも慣れたみたいでサクサクっと進んでいく。

なによりこの岩場、クリスタロの慣らしには持ってこいな感じ。一歩一歩足の裏の感触を確かめながら、じっくりと登っていく。

電車を乗り継ぎ予定通り7時29分、高麗駅に到着。

良くわからない柱は相変わらず健在だ。

早速登山口の日高市ふるさとの森まで移動。途中の道からは早くも日和田山が目の前に良く見える。

山頂直下にある金比羅神社の鳥居も。
まだこの辺りには人は居ないみたいだな。前回よりも30分早く着いたのが良かったみたいだ。


歩くこと約15分、ふるさとの森に到着。陽は上がってきてるけど空はまだ夜が明けたばかりのような感じ。凍える程では無いものの、風が冷たく体感温度は低く感じる。



取り合えず靴ひもを締めて、準備運動して

いざ、出発!


2012年の登り初めは2年前の秋に行った秩父の日和田山。
標高は300mちょっとと高くはないが、岩場と秩父の街並みを見下ろす展望が魅力的な山だ。
今年一発目とあってもっとガッツリしたところに登るのも考えたが、それは今月末のテン泊に回すとして、久しぶりにまったり登山を楽しもうかと。
日和田山は低山ながらその雰囲気のよさからお気に入りの山なのだ。まぁ、正月で鈍った体のリハビリと言うことで。

こないだの大山 阿夫利神社で購入した足腰守は財布として使っているグラナイトギアのワレットに装着。
これは必ず山には持っていくし、肌身離さず身に付けているからね。
頼みまっせ!

2012年の厄払いを無事に済ませた後は、2012年初物欲行脚へ。
まずは西新井からバスで池袋に戻り、1件目の秀山荘。
ここ秀山荘、マニアックな雰囲気漂う店だが、この時期の割引セールは見逃せないものがある。その割引率たるや、好日山荘やODBOXなど目ではないほどなのだ。何せ今年個人的に注目している、THE NORTH FACEの「レッドポイント ライトジャケット」、定価が25,200円→17,620円!なんと早くも30%off。思わず手が出そうになったが、それよりも掘り出し物を発見。
DSC_0100
一旦は購入をためらい、池袋を離れて新宿へ移動したのだけど、やはり気になって再度池袋の秀山荘に舞い戻り、最後の1点がもし残っていたら買おう!・・・と思っていたら残っていたので購入。
初ホグロフスです。デザインはもの凄く良いのだけど普通ならちょっと手を出しにくい価格帯、だがしかしそこはさすがの秀山荘。24%offでオトクにゲット。

DSC_0098
■INTENSE ZIP TOP
秋〜冬にはベースレイヤーとして、春から夏の高山ではこれとフラッドラッシュスキンメッシュの組み合わせで通年使えそうなので購入。デザインがすごく気に入ったのだけど、冬場はアウターに隠れてほとんど見えないのが残念と言えば残念。
DSC_0099
↑左腕にはラミネートポケット。ちょっとした小物、サイフやキー類なら入りそう。と思いつつも使わないポケットだったりするんだけどね。

秀山荘に行った後に好日山荘で嫁さんの靴選び。
ここでもまた色々と悩んだんだけど、先日石井スポーツでAKUのコネロGTXが良いかなあ、と思っていたらそれよりも良さそうな靴を発見。

09280654_4ca1127e7c390-500x500
■シリオ 40 GTX
AKUのコネロGTXよりもソールは柔らかめだけど、ビブラムソールはしっかりしているし、ワイドラストの多いシリオの中では比較的細身で嫁さんの足にもフィットしていた。
個人的にはスカルパのクリスタロGTXは良い靴だと思うけど、ソールの堅さがちょっと厳しいかな・・とか思ったり。この40 GTXでも稜線やガレ場は今のミレーの靴よりも快適に歩けると思うし、低山が主体になることからこの靴がベストバイだと思っていたら、好日の店員さんがやたらとPUSHしてくるのがやはりクリスタロGTX。
017002000028
自分も使っていて良い靴だと思うけど、多分40 GTXより慣れるのに時間がかかると思うんだよね。。。
ただ、慣れてしまえば長く使えそうなのはクリスタロの方か。
見た目もこっちの方が気に入ってるみたいだ。

靴選びは本当に難しいね。
ただフィットするだけではなくどういった山行を想定しているか、どのくらいの荷物を持つか、自分の登山レベルがどのくらいか、これからどのくらいまでを目指したいか・・・とかいろいろと考えた上で買わないといけないし。
失敗すると歩くのもイヤになってしまうし。
正直無雪期の登山なら、店員さんも言っていたけど確かにクリスタロGTXは性能・コスト共に抜群だと思う。
俺もこれから慣れていかないとならないところだけど、嫁さんも結構苦労するんじゃないだろうか・・いや、意外とタフだから大丈夫なんだろうか?

まあ、もうしばらくアタマを悩ませて、他にも色々履いてみてから決めるそうですわ。

という事で、今日の物欲行脚は池袋→新宿→池袋と行った割には、モノを買ったと言うよりは靴のお勉強に行ったという感じでした。
さて、明日は2012初登り!
まった〜りゆる〜りと、久しぶりの秩父のアノ山に行ってきます。

去年から始まった厄払い詣で3年シリーズの第2弾、今年もやってきました西新井大師。
去年よりはちょっと早めに自宅を出発、バスに揺られて西新井へ。

途中の荒川から見えるスカイツリーも去年とは違ってもうすっかり外観は完成形。いい加減遠くからだけじゃなく近くからも見てみたいもんだなあ。


約40分ほどで到着。
今年は午前中に着いたから多少空いてるか?


と、思ったけどやっぱり大盛況。

と言うか、多い!三連休の中日とあって皆さん朝から出陣されてるようで。。

嫁さんは厄払いの受付を済まして、10時30分の回に間に合うようなのでそのまま本堂へ。
その間はこちらは暫く境内をブラブラタイム。

相変わらず渋さ光る栄螺堂。

まだ正月飾りや羽子板やらも売ってるな。


で、ここでも今年三度目のお参り。
今年一年、良い山行ができますように‥。


一通り境内を回ったら、暫しまったりと喫茶店で嫁さん待ち。
今年も厄払いの客は多いらしく、本堂に入りきれない客が廊下まで溢れているらしい。
年に一度のイベントだしね、しっかり厄を落として一年平穏無事に過ごせると良いね。

2012年も明けて早3日。正月三が日の最終日の今日は実家の家族と共に地元神奈川は大山・阿夫利神社に初詣に(実際には今年2回目の初詣だけど)。
DSC_0050
大山と言えば神奈川県民にとっては心のふるさと、おなじみの山。静岡県民が富士山を思うのと同じように、小さい頃から遠くに近くに眺めてきた、やはり家族のような山だ。
元神奈川県民の俺ももちろん幾度と無くこの山には登っている。
小学校の遠足、親に連れられ、個人的に・・・と、多分雲取山に次いで多く登っている山には違いない。
(↑の写真、中央の部分が大山山頂)

正月という事もあって相当な渋滞・混雑が予想されたものの以外にも大山への参道は空いていた。普通の週末と同じくらいの混み具合だろうか。
DSC_0052

今日は登山ではないので、ケーブルカーで一気に阿夫利神社のある標高696mまで上がります。
DSC_0053
DSC_0054
乗車駅の追分駅の標高が約400m、標高差296mをおよそ6分で登る。
DSC_0055
下社駅を降りると湘南の海がよく見える。この時間、まだ箱根駅伝で復路を走っている頃だ。今どの辺りだろう?

DSC_0056
駅から神社側に廻ってみると、結構人が居る。いや、少ない?

DSC_0057
拝殿前、行列。やっぱりそれなりに混んでるね。でも寒川神社よりはだいぶ空いてるな。続きを読む

さあ皆さん、2012年が明けましたな。
改めまして、明けましておめでとうございます。
2011年が過ぎてまだ2時間ですが、今年一年、皆さんにとって平穏で、実りの多い一年でありますように。

と言うことで毎年恒例、ゆく年くる年を年越し蕎麦と共に満喫してから近所の北野神社に初詣に行って参りました。


今年は例年と比べても初詣客が多かったように思います。

やっぱり昨年は色々と大変な一年だったからですかね。
毎年この時に思うのは、一年が平和で、良い年であるように、と言うこと。
実際はなかなかそうも行かないのだけど、この時ばかりはそんな一年になるんじゃないかと思えてしまう、そんな感じがします。


日本中で、世界中でそう願う日。
人種や宗教を超えてみんなが同じように思う日が一日でもあるのは、きっと幸せなことだと思うのです。

そんな思いを続けていくのは一人一人の努力ですね。
ついつい忘れがちですが、もう一度思い出して、また一年頑張っていきたいと思います。


せっかく大吉二発頂いたので、おみくじ通りになるように。


帰りにもう1つ、梅照院へ。

これまた恒例の甘酒を頂いたら

家に帰ります。

ホントに、良い一年でありますように‥!

↑このページのトップヘ