0905e69f.jpg

925f6358.jpg

fbf68156.jpg

8afb854c.jpg

急降下を降りきると突然かなり広い開けた場所に出る。
ここが「ウノタワ」だ。

昔ここに山の神の化身である鵜が住んでいたのだが、ある時猟師が誤って鵜を撃ち殺してしまった。
するとここにあった沼と一緒に鵜も消えてしまった…と言う伝説が今も残る。
考察は専門家に任せるが何処と無く神聖な雰囲気のある場所。
かつて沼だった事は事実らしく、辺りの空気は湿気を帯びている。
ここをまっすぐに進むと天神山を越えて鳥首峠に至るのだが、今回は時間が無いため左に進み横倉林道経由でショートカットする事に。