u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2011年03月

渋谷を出てから約3時間、19:30に自宅に到着。
まさか会社から歩いて帰る事になるとは思わなかったが、まだ歩いて帰れただけ良かった。
帰宅してみると被害はほとんどなく、テーブルの上のコップがこぼれていたり部屋干ししていた洗濯物が落ちていたくらいで済んだ。

帰宅してすぐにRPMにダウンジャケット・ダウンパンツや食料・水2Lにライト、救急道具などを詰め込んでベッド脇にスタンバイ。ヘッドランプとゴアテックスプロシェルジャケット、ニット帽は夜中の避難時にすぐに手に取れるように同じくベッド脇のデスクに乗せておいた。
さらに万が一自宅で過ごせなくなった場合の事を考えてテント・シュラフもバックにまとめて入れておく。

今までの発生事例からすると1週間程度は余震・そしてさらなる本震のおそれがあるため油断は全く出来ない。
今は如何に安全を確保するか、そして備えを出来るかが優先事項だと思う。
安全なところにいて、迷うようなら動かないのが良いのかな。

ここのところ睡眠不足だったけど、今日はまた別の理由で眠れなさそうだ・・・。

86f8e67e.jpg
新宿からさらに1時間、落合付近で休憩中。さすがに昼飯抜きで歩いて疲れた
イスに座るとまだなんだか揺れてるような感じ。

新宿から小滝橋通りを歩いて来たんだけどかなりの人が同じように歩いていた。道路もかなり渋滞していて、途中で追い抜いたバスはここに来るまで再び追い付かれる事はなかった。
電車も止まっている今は歩いて帰るのが一番確実なようだ。
が、歩い帰れる範囲の人に限るし、この状況だと外もどんな事が起きるか分からない。正に非常事態。

ちなみに写真は新宿ルミネエスト。
なんで立ち入り禁止かと思ったら、どうやら建物のガラスが割れて落下したらしい。
警備員の前足元辺りの白いのはガラスの破片。
立ち入り禁止のコーンを見るとかなり広い範囲で割れたようだ。

b78fdf64.jpg

7104d17b.jpg

会社から1時間近くかかってようやく新宿到着。
休日たまに渋谷〜新宿間は歩くけど3〜40分くらいだもんなあ。20分近く多くかかった。

新宿駅南口のFLAGS VISIONではNHKのニュースで、今日の地震の震度はマグニチュード8.8!
観測史上最大のゆれらしい。
こうしてニュースを見ている間にもまた緊急地震速報が。

福島・茨城で震度5強。
暫くは警戒が必要だな…。

24cd99c2.jpg

068a0eab.jpg

0990e755.jpg

原宿東郷神社先の歩道橋から。
山手線や副都心線が止まっているため新宿方面と渋谷方面を行き来する人でかなり混雑。

BS朝日のビル前ではテレビに群がる人だかり。流れている映像は海外のニュースらしく、先の大地震で火災が起きた石油コンビナートらしい。

いや、大変だ…。

63e552f8.jpg

b28eb540.jpg

671dcc0c.jpg

5c194ae3.jpg

230a4814.jpg

15時00分過ぎに発生した地震はこれまで体験した地震を遥かに上回るものだった。
社内の棚からは資料やら備品が飛び出し、PCは倒れ立っているのも危ないくらい。
震度6とはかくも恐ろしいものかと。
震源地の宮城がかなり心配。

取りあえず業務は取り止め、帰宅する事になったのだが渋谷駅は大混雑、まさにパニック、16時53分現在でJR・メトロ含め都内の交通は完全に麻痺状態。
復旧の目処は立っておらず、駅構内では疲れて座り込む人がアチコチに。
幸い嫁さんもウチの実家も社内も怪我人は出なかったもののまだ余震が予想されるため油断は出来ない。
縁あってこのblogを見ている関東近郊・東北の方、引き続き気をつけてくださいな。


新宿に向かう明治通りも普段より人が多いような。店舗は軒並み休業してます

先月半ばから続いていたテ○リストの対応がようやく今日収束した。
先週末辺りからはもはやテ○リストが相手なのか地元警察が相手なのか分からないようなカオスな状況だったけど、優秀な仲間のおかげでギリギリセーフ。
まぁ次のシーズンへの伏線は何となく張られているようなないような…まぁそこは一人24だから仕方ないか(笑)。

まだ明日はちょっとバタバタしそうだけど今日までのような分刻みな日にはならないと思う。
油断は全くできないけど、週末のキャンプ&登山は少しはスッキリした気持ちでいけるだろうか。



今回の案件ほどしんどかったのは今までもそうない。おかげで色々勉強させてもらったよ。リスク管理の考え方、外注の使い方選び方、そして手を出しちゃいけないとこにはホント出しちゃダメ。怖いもの見たさダメ!
こういうのはデカイ案件やらないとどうしてもわからないとこもあるからね。次に活かさないとな。
それにしても回りにだいぶ迷惑もかけてしまったし、今後の対テ○リスト対応はもっとスムーズに出来るようがんばろ。



…取りあえず山に行きたいわ〜?

仕事帰りに見ていたODBOXのサイトの記事でちょっと気になるアイテム発見。

■THE NORTH FACE VERTO26
aspx
Image_r2_c2

不要な装備をデポしてピークハントに向かう際に重宝するサブザックです。手のひらサイズにパッカブル、重量310gというこれまでにない軽量・コンパクト 性を実現し、シビアな環境ではないテント山行などにも積極的に携行できます。またスリーピングバッグを収納することでスタッフバッグと兼用でき、コンプ レッションバンドを使用して小さくすることもできます。十分な強度を備えた素材を使用。サイドコンプレッション用の細引きが標準装備されます。

【Fabric】 100Dカーゴシュートナイロン
【Function】 寝袋の収納も兼用する軽量でコンパクトなサミットパック/軽量で強度のあるカーゴシュートファブリック/寝袋をコンパクトにする3 点締めのコンプレッションシステム/2つのツールループつき/雨蓋にジッパーつきポケット/本体内部に収納袋兼用のジッパーポケット/サイドの片側にはボ トルポケット/サイドにはリフレクターつきのラッシュポイント(コードつき)/取り外し式のウェストベルト
Size】50×27×15cm 容量:26L
Weight】 310g
=============

軽量さやコンパクトさもさることながら、特筆すべきはコンプレッションバックとして使えること。背面2か所と表面のトップリッドのコードを引っ張ることでコンプレッションをかけられるらしい。
例えばシュラフ(冬季用かな?)やテントを収納して宿泊ポイントまで移動、荷物をデポして・・・と説明に書かれているような使い方が出来るのは魅力的でない?
まあ、今まで荷物をデポするような登山は経験してないけど、山頂アタック時に荷物を軽くできるのは大きいなあ。
俺の立てるような山行計画からするとあまり登場頻度はなさそうだけど。。。
例えば、雲取山を鴨沢ルートから登るとして、七ツ石か奥多摩小屋でテント設営・デポして雲取山頂を目指す・・・とかだとかなーりゆったりまったりな登山が出来そう。
手のひらサイズにパッキングできるのでちょっとした旅行とかでも使い道はありそうだね。

他には強いて言えばチャリとかあるけど、同サイズのRPMがあるからなあ。用途は限定的かなやっぱり



すんません、仕事が佳境にも関わらずMPを・・・



あ、日付変わっちまった。

相変わらず24な日々。今日はスケジュール的には余裕のある日だったはずなんだけど、またもや地元警察の大チョンボでお昼過ぎから分刻みの超過密進行。
おかげで今日もお昼抜き、コンビニにも行けずタバコも切れちゃう始末
何とか日付が変わる前にはデータ納品出来たからよかったものの、もしあの後また一トラブルあったら確実に徹夜ナチュラルハイコース間違いなしだったな


それにしてもまぁ何と言うかね。案件も案件だけど、やっぱりまだまだ自分は修業中な人間だなぁと。
「あの時こうしてたら…」と思う事が多いのは未熟な証拠。
そんな風にならないようにするのが仕事なのに。もっと色んな事考えないとならんね。


…と、渋谷のジ○ックは酒臭い酔っ払いにちょっとイラっとしながら帰るのであった…

5225536d.jpg

95ea7ab3.jpg

先週突然自宅のレグザに繋げていたHDDがご臨終してしまい、代わりのHDDを買わなきゃと探していたところ今日新宿のヤマダ電機で決算処分品になっていたHDDを発見!
値段もネット通販より安くなっていたので即買いしやした
容量も以前の倍の1TB!サイズもちょっと小さくなってアラ幸せ。

何だかんだで忙しくて観たい番組結構録画するので、HDD無いとやっぱり不便ですわ。

今日は午後から新宿で恒例のアウトドアショップ巡り。目的は嫁さん用の40L〜50Lクラスのバックパック選び。

今年いよいよテン泊登山デビューするつもりの嫁さん。さすがに今使ってるマムートのクレアコンタクト28Lでは不安があるので色々見てみることに。
最初嫁さんが目を着けていたのがOSPREYのシラス36。デザインと小技の効いた装備が気に入っていたらしいが、今のクレアコンタクトとは8Lしか違わない。これだとわざわざ買う意味が無いような…と言うことで一旦保留。
続いてみたのがドイターのACT Lite45SL。マモミさんの持っているサイズよりちょっと大きいタイプ。
1566c0b8.jpg

これのパイン×モスが今のところバランス的に一番良さそうな感じ。

ところで好日でLA SportivaのTrango S EVO GTXを初めて試し履きしてみたんだけど…
380feb5b.jpg

続きを読む

↑このページのトップヘ