u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2010年12月

6dd8590b.jpg
例年に比べればだいぶ暖かいけど、やっぱり風はちょっと冷たい。

んで、甘酒!
ウマー。
暖まるねぇ〜。

48186192.jpg
こうゆう何気ない感じの光の当て方のが好きだな。

もみじってか、落ち葉だけど。

3ca2a6c5.jpg

87ed5400.jpg

88802e3c.jpg

37643d9d.jpg

何年か前から始まった青い光の演出。

個人的にはう〜ん、どうなんだろね?これ。キレイなんだけどちょっとやり過ぎ感があるような。

ここまでで一番人だかり出来てるから人気なんだろうなぁ。

c9b0571c.jpg

df0acc75.jpg

45efbda0.jpg

六義園のライトアップはもう何回も来てるけど、今年は色づきは今ひとつかもしれないなあ。
夏から気候おかしかったもんね、

それでもこうやって四季を感じることが出来るのはありがたい事だね。

3d8b5dab.jpg

740d1457.jpg

d3169d1a.jpg

15d317ca.jpg

昨日の暴風雨にも耐えてまだ葉は残っているように見えるけど、やっぱりちょっと散っちゃってるね〜。

それにしても幻想的な光景だな〜。

e32550ee.jpg

cf15f4e9.jpg

ff3f92bf.jpg

入園すると先ずはお馴染みのこの2本が絶賛ファイヤー中!
う〜ん早くもヤられそうだぜ。

7abb7494.jpg

223f8016.jpg

今年の秋は山で散々紅葉は見てきたけど、やっぱりここも見たいんだよな。
って事で2年ぶりの六義園、久々の突入!

それにしてもやっぱり土曜日は混んでるな明日でライトアップ終わりだし仕方ないかあ

a9d0c8a7.jpg

68c42adc.jpg

362c0a53.jpg

08cda109.jpg

ゲットしました(笑)


昨日までネットで色々と調べたり、某ULショップでも入荷待ちの状態だったので、別の軽アイゼンも視野に入れ始めていたとこ、ODBOXに仕事帰りに立ち寄ったところ大量に発見!(ってもディスプレイ入れて6個くらい?)
迷わず即ゲットしやした。

取りあえず冬山って言っても低山メインなので当面はこれで嫁さんも行けるかな?
それより歩き方とかしっかりレクチャーせねば…。こちらの方もMPしつつ勉強しなくちゃだな
しかし軽いね〜!
エバニューの俺の軽アイゼンとの差は歴然。早く使ってみた…じゃなくて使ってみて欲しいなぁ!(笑)


合わせてナルゲンのフォールディングカンティーンも購入。
山行時の水運び用に。中身が無くなればプラティパスみたいに丸められるし、口が広いのでメンテしやすそうなんで。

どちらも早く実戦投入してみたいね!

昨日記事に書いたグリベル スパイダー。
あれから色々と調べてみたところ2010年の入荷は終わっているらしい
次の入荷は2011年の1月〜とのこと。
あとは運任せで店頭在庫を当たるかだけど、人気商品だけに期待薄か…。

完全に出遅れてしまった
5000円くらいでワンタッチ装着の軽アイゼンもあるにはあるんだけど、あまりヘビーなアイゼンだと嫁さんには勧め辛いしなあ…(個人的に使ってみたいってのも、ホンのちょっとあるけど)。

1月の入荷を待ってると年内の竜ヶ岳間に合わないし
竜ヶ岳を延ばすか、他の軽アイゼンにするか…。う〜む

0ac028ef.gif
11月、怒涛の毎週登山を終えていよいよ12月。
今年も残すところあと1ヶ月となった。思い返せば7月から嫁さんの山修行をかねて色々な山に行ったもんだ。
箱根のスニーカー山(とは言えないが)、棒ノ峰、武甲山、霧藻ヶ峰、伊豆ヶ岳、三頭山、日和田山、秩父丸山…。加えて俺は唐松岳、陣馬〜高尾山、雲取山×2。低山主体とはいえ一年でこれだけの山に登ったのは初めてだ。

それもこれも、山に興味を持って、俺以上に積極的に山に行こうとしてくれた嫁さんのおかげでもある。
いや、感謝感謝!


さて、12月に入って、1000mを越えるような山に着いてはボチボチ良い感じで積雪・凍結が出てる頃。
今年は冬山も行くぜ!って事で必然的に装備も確保しなければならない。
個人的にはまぁ一通り揃ってはいるものの、今年から山デビューした嫁さんは在るわけもなく。
ウェア、そしてアイテムとしてはアイゼンが必要!
そこでこの「グリベル スパイダー」である。


分類としてはアイゼンと言うより軽アイゼン、またはスパイクにあたるかな?
バンドで装着する形でアイゼンほど制限が無く幅広い靴に対応。
トレランナーの方々にも評判は良い。
特筆すべきはその軽さで、両足合わせても150g程度と、6本爪軽アイゼンの半分以下。
底面には10本のピンがあり、低山ハイクの際には大いに活躍しそう。
トレードオフとしては、恐らく浅い積雪や凍結路面には強くても、深い積雪・シャーベット状の雪には弱そう。まあ、あくまで嫁さん用のアイゼン替わりなんで低山主体で考えれば問題はないかな?
むしろアイゼンを装着したときの歩き方を注意しないと、ツルんと行ってしまいそう
でもアイゼン装着したときの歩き方の勉強にはちょうど良いかな?
って事で、色々なサイト見ながらMP中でごさいます

↑このページのトップヘ