u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2010年08月

44ac7b36.jpg

e189da78.jpg

6b1267e2.jpg

1908748f.jpg

cd13bad2.jpg

ツアーガイドのおっちゃんが持ってきてくれたオレンジジュースと佐世保銘菓・ポルトサブレでしばし休憩。
ホントなら金の炭酸水が飲みたいとこだがここはグッと我慢。なんてったって無人島だからな。

e79e8c91.jpg

bb093177.jpg

9ee68e68.jpg

e0ea757e.jpg

1時間ちょっと漕いでようやく無人島に到着。
途中向かい風が強く波が荒れてちょっと大変だったけど何とか着いたぜ。

本来なら違う無人島で泳いだり出来たんだけど沖合いは波が高いため断念。
ここは泳いだりはちょっと厳しいけど静かで見晴らしも良く気分がいいね。

bdc7191b.jpg

9f44df21.jpg

4cc04685.jpg

a5f851b2.jpg

佐世保の海には九十九島との名の通り無数に島が点在する。
実は九十九以上の島々があるらしい。

そんな島々を縫って進むシーカヤック、極楽だわ。

18d83e3d.jpg

b7e7f7cd.jpg

a630214a.jpg

普段上から見るか砂浜から見るしか機会の無い海を、ほぼ同じ海面から陸地を見るのは非常に新鮮!
太陽は相変わらず厳しいけど、吹き抜ける海風と波の音が涼しさをさそう。

あ〜最高に気持ちいいぞ!!

cf09dcf3.jpg

95395a50.jpg

caf093d6.jpg

b712d088.jpg

佐世保に到着!
さっそく着替えて、ライフジャケットをビシッと装着していざ出航!
やや風があるけど波はまだ穏やか。
初のシーカヤックだけど、操作は簡単。5分も漕げば慣れるね。

644c9219.jpg
三日目はいよいよお楽しみ、佐世保でシーカヤック!!


昔からシーカヤックはやってみたかったんだけど、やるなら長崎・佐世保で、って思ってたんだよな。

今日行くのは佐世保九十九島にある無人島ツアー。泳いだりも出来るらしいんだぜ〜♪

取りあえず昨日の事件は忘れて楽しみますわ。大丈夫、ヤツはきっと無事だ…!

宿に帰って事件発覚。

どうやら江山楼にデジカメを置き忘れたらしい
特上ちゃんぽんと絶品角煮まんのあまりのウマサにデジカメを放置してきてしまった
気づいて急いでタクシー飛ばして慌てて店に行ってみたが既に閉店でダレもいない…。
電話も通じず完全にお手上げですわ。


明日は朝から佐世保でシーカヤックの予定だったんだけど、散々悩んだ挙げ句シーカヤックを強行し、江山楼に電話してもしデジカメがあったら午後取りに行くことに。

デジカメ無事だと良いんだけど

619eef87.jpg

18634243.jpg

8fcb6c45.jpg

664e440c.jpg

52654968.jpg

またまた新地中華街。
今日の晩飯は江山楼の特上ちゃんぽん!

食べてみると明らかに初日に食べたリンガーハットのちゃんぽんより上品かつ海鮮の旨味が汁の中で炸裂してる。それでいて後に引かないさっぱりさは正に特上の味わい。

さらに角煮まんもこれまた絶品!口に含んだ瞬間溶けてなくなるようなトロケ具合と濃い目のタレが悶絶もの。

3秒で昇天!

cc36c5da.jpg

ac217f1a.jpg

41405fd6.jpg

cc6205d1.jpg

252745c6.jpg

さらに20分程歩いたところにある通称一本足鳥居に行ってみた。

元々は山王神社の鳥居として4体あった鳥居だが、原爆の爆風で他の3体は崩壊し、この1本は半分だけが奇跡的に残ったのだ。

悲劇ばかりが取り出さされる原爆だがこう言ったものを見ると、希望は捨てちゃイカンなと思うな。

そしてその山王神社の御神木も被曝してなお力強く立っている。
所々手は入れられてはいるが、後世に語り継がれるべく長生きして欲しいね。

53baea90.jpg

0cc9ec7b.jpg

36118df6.jpg

a4eabdd3.jpg

4315c2f0.jpg

続いて長崎原爆資料館〜爆心地公園〜平和公園へと足を運ぶ。

この松山町上空500mで正に65年前の8月9日11時02分に原爆は炸裂した。
資料館にはその時の惨状を実に生々しく展示してある。
あの日起きた悲劇、そしてあの日から始まった悲劇。それは決して時とともに風化するものではなく、現実にあった出来事として歴史に横たわる。
大切なのはそれをしっかり自覚して認識する事なんじゃないだろうか?

そんな事を考えながら、被爆の地を歩いて来たよ。

↑このページのトップヘ