u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

2009年09月

というわけで。
だいぶ日にちが経ってしまったが今回の旅を振り返る。

初日。
深夜出発した甲斐もあって平湯への到着は時間より1時間早く着いたものの、シルバーウィークの恐ろしさをまざまざと見せ付けられた思い。
受付前のサイト確保や、受付・駐車場の大混雑さは今までに経験した事のないものだった。
とりあえず大型連休に出かけるなら人より最低3時間は早めに動かないとダメだと痛感。
しかし事前にビシっと作成した強化合宿プランのおかげで、最終日の回避不可能な渋滞以外はサクサクッと移動出来たかな(自画自賛w)。
これもSBKの経験のタマモノだ。続きを読む

b03c8780.jpg






98e48ba7.jpg






872a6a39.jpg






38e3fc2c.jpg











待つこと約30分、ようやく店内に入れた。早速注文。中華ラーメンにつけめん2玉、餃子。かつおだしが良く効いてて一見ガッツリ系だが後味はさっぱり。さすがお台場に店を出していただけあるな。 ちなみに待っている間に青森から来たご夫婦さんと話をしていたら、10時間かけて奥飛騨まで来たらしい。4年ほど前に豆天狗に来ておいしかったらしくまたここに来たとの事。こちらも青森は行ったことあるんですよ〜なんて話してたら、帰り際にわざわざ連絡先を教えてくれた。今度青森に行く機会があれば連絡してみようかな。気さくなご夫婦デシタ。 こう言うのは旅の醍醐味だねぇ。 M

3f791ad7.jpg
906238ab.jpg
9694eff0.jpg
店内には豚肉の燻製やら色々展示されてる。
おばちゃんがレバーパテと白カビのソーセージを試食で出してくれたけどどちらも絶品
レバーパテは味が濃厚でチーズみたいだ。

ソーセージのアソートをお土産にゲット♪


e1a04dba.jpg
c9ebcd55.jpg
帰りに五箇山のオープンカフェに寄ったらなんと和紙漉き体験の時の担当のキーンマニアお兄さんが。
話を聞いたら山口から移住してきたらしい。キーンマニアとして五箇山の伝統をがんばって守って行って欲しいね〜。


↑このページのトップヘ