u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

以前から考えてたNEW BLOGをようやく立ち上げ。
ここでは自分が思ったこと、モノなどを雑多に、自由に書いていこうと思う。
特に心機一転!とか気張ったことはないです。
メインはアウトドア・自転車になると思う・・・多分。続きを読む

昨年の甲斐駒登山に続いてのSBK夏の登山イベント・唐松岳登山は残念ながら中止という事になってしまった。
が、代わりに武闘派で白馬〜穂高の各地を巡り、昼間から温泉に浸かり酒を飲み、ゆるゆるのヒーリングツアーを満喫することが出来たので良かったかな。
皆忙しい身なので、日頃あまり話すことの出来ないことや、嬉しい話もあったりで充実した2日間だったと思う。続きを読む

69edfe69.jpg
667b73c3.jpg
b9431631.jpg
翌朝。
昨日はチェックイン直後から飲み始めて0:00頃まで約9時間宴会。オトコ3人でアレヤコレやと話も盛り上がりやした。
その後宿の大浴場で汗を流し、部屋に戻って瞬殺。

今日は栄光と伝統のカップラで朝ご飯。珍しくチェックアウト時間前に撤収完了。

山のたこ平、なかなか良い宿でしたぞ。


441253b1.jpg隊員Kセレクションのワイン、もちろんフルボディ。
乾杯二回目


f11fafac.jpg15時05分、無事に宿にチェックイン。

早速乾杯。
まさにヒーリングツアー。


95e50faa.jpg
9148cbd7.jpg
640c010d.jpg
そして穂高神社。
こちらは仁科神明宮とはうって変わって豪快うっちゃり系神社な感じ。建て替えられた社殿のせいもあるかもだけど。
味が出るにはまた長い年月が必要だねぃ。


a5b3ea89.jpg
38398f73.jpg
a60be8db.jpg
国宝・仁科神明宮の本殿。

さわやか系の神社として実にイカすね。
ちなみに鳥居は伊勢神宮の鳥居廃材を再利用している、とってもエコな神社なのだ。


9c374a71.jpg
42efba0a.jpg
834323a4.jpg
訪れたあと何故か清々しい気持ちになるのは、境内が神々しさに満ち溢れているからだろうか?

さすがさわやか系なだけあるね。


ca37b009.jpg
bd8131b7.jpg
6bec51cc.jpg
腹ごしらえが済んだら国宝・仁科神明宮へ。

なんか空が青く見えるがきっと気のせいだね。


76758103.jpg
800d024c.jpg
昼飯、ソバ。
ちょっと変わり種の冷しゃぶ蕎麦。
黒ゴマのタレがさっぱりで美味し


1d6897ae.jpg入浴後はコレ

富より健康
松田乳業のコーヒー牛乳。

甘さ控え目、オトナの味だ。


1351987c.jpgまだ大したことしてないけど。

ふやけるまで浸かるぞ


2b53c555.jpgまだ大したことしてないけど。

お土産ゲッチュ


ca6082a6.jpg牛方宿をあとにして再び千国街道を戻る。

蚊の大群に襲われてダッシュで撤退。既に被弾多数、被害は甚大


ab1692f5.jpg
484f0af5.jpg
3246d7f5.jpg
やっと到着、牛方宿。
千国街道を行き来する塩はここで一旦集められ、行き先別に仕分けられる。

らしい。
青鬼集落と同じくこちらもノスタルジックな場所やね。


c56e3488.jpg
9381c558.jpg
弘法大師の清水。
水を飲むところが牛用と人用と分けられているのだ。
上手く出来てるねぇ。


9f6a2ee6.jpg
25004555.jpg
57e8b917.jpg
岩に空いている穴は牛を繋いでおくためのもの。
それにしてもこんな坂、牛も登るの大変だったろうな。


fcb57af8.jpg
9b74a517.jpg
2fe81107.jpg
牛方宿に至る千国街道。
ここは親坂と呼ばれ、親が心配するほど荒々しい坂なのだ。

石畳は牛が歩きやすくするために敷き詰められたもの。
こんなんが約800mに渡り続いているんだな。


283d734d.jpg
572f87ca.jpg
b977354d.jpg
青鬼神社。
雰囲気たっぷりの境内、それもそのはず。昔ここに青鬼が幽閉されていたとの言い伝えがあるのだ。
その後改心した青鬼は善鬼となり神様として祀られるようになったそうな。

めでたしメデタシ。


a2f84d2d.jpg
82a305e3.jpg
50c83125.jpg
青鬼集落の田んぼは日本の棚田百選にも選ばれてるんだそうだ。

美田である。
これで青空ならなぁ〜。

まぁ青空ならここにはいないか。


↑このページのトップヘ